活性酸素はどこから来るの?

個人は息をして身体の中に酸素を吸い込みます。その酸素を燃焼して野望を作り出していますが、その時に取り入れた酸素の約2%が力強い活性酸素に変わります。他にも活性酸素を発生させる原因は沢山あります。

UV、大気汚染、電磁波、化学物体、農薬や添加物など景気によるもの、負荷、就寝不良、荒々しいスポーツ、飲酒やタバコなど営みによるものなどがあります。とはいえ、活性酸素とは元来身体の中に侵入したウイルスなどを駆除できるという役割があります。しかし目立ちすぎると老化の要素に患うんですね。

普段の何気ない毎日の中に活性酸素を発生させる要素が複数存在し、身体の中の活性酸素をなくすというのは個人が生きていく上で不可能事です。なので抗酸化(酸化を防ぐ)をして活性酸素を減らしていかなければなりません。

水素水で抗酸化

今までお話ししたように活性酸素が目立ち続ければ大変なことになってしまう。それを防ぐ(活性酸素を除去して得る)ベネフィットが抗酸化ベネフィットだ。皆さんも一度は耳にしたことがあるかもしれません。

抗酸化で代前面的のは「ビタミン」ですね。簡単に言うと細胞の代わりに酸化されてもらえる原料だ。つまり壁みたいなものです。ビタミンも水素水も活性酸素を除去してフィードバックできると言われています。

じゃあビタミンを取っていればいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、ビタミンには水溶性ビタミン(ビタミンC)と脂溶性ビタミン(ビタミンAなど)があり水溶性のビタミンは細胞膜を受かることが出来ません。脂溶性のビタミンに至っては細胞の中に加わることができません。

水素は水にも脂質にも溶け込むことができ、細胞の四隅、細長い血管の細部まで広まることができます。それだけではなく水素は宇宙で最高峰低い分子と言われており脳ひとつの細胞にまで入れます。(高い分子の他の原料は加わることができません。)引用